私がフランス語を習っている訳は二つあります。
人生半ばにして始めてフランスという国に興味を持ったことと、長年英語に携わる仕事をしてきて何か違う言語 を学んでみたいと思ったことでした。縁あって、エコールサンパでフランス語を勉強することになりましたが時と共にしだいに現地の学校でも勉強してみたいという願いがわいてきました。 サンパでの勉強も、始めの1〜2年はおぼろげな状態でしたが、がんばって3年目に突入した頃よりなんとか点と点がつながるようになりました。

そんな折、阿佐ヶ谷校で希望者対象の留学説明会があり参加しました。何人かの体験者の方が発表してくださいましたが、どれも非常に面白く、刺激を受けました。フランスの留学先は私にとって魅力ある場所が多く各学校のプログラムにも特色があり実際に決めるのに迷うほどでした。エコールサンパの留学サポートは他の多くの機関と違い、学校やホ−ムステイ先の細かいアレンジまで、きちんと面倒をみてくれるという印象を受け、とても安心感がありました。

sud-reikoo-04
色々検討した結果、わたしはモンペリエにある語学学校に留学先を決めました。いちど南仏を訪れてみたかったことと、そのユニークなプログラムにひかれました。
午前中はしっかりレッスン、午後は課外授業という半分勉強半分観光というスタイルが私の希望にぴったり合っていました。この年頃になると1日中みっちり勉強 よりは少しゆったりと楽しみも入れたくなるのです。期間は一番短い1週間にしました。本当はもっと長くしたかったのですが、仕事も家庭もあり、今回はそれが限度でした。宿泊は思い切ってホームステイを選びました。ちょっと冒険でしたがフランスの家庭も見てみたく、また何気ない日常会話にも興味がありました。

日曜日の夕方パリからモンペリエに入り翌朝登録の為通常より1時間早い8時半に学校に入りました。受付のスタッフはとても感じがよく 日本の桜茶をいれて私たちエコールサンパからの生徒を迎えてくれました。学校の授業は初めにレベル分けのテストと面接があり、その人のレベルに合ったクラスに配属されます。
文法と会話のクラスが組み合わせになっていて、先生がそれぞれ一人ずつ付きます。

sud-reikoo-05
先生方は皆明るく親切です。授業は絵を描いたりジェスチャーを使いながら説明してくれるので私のレベルでも内容は概ねつかめました。クラス人数はシーズンによって違いますが平均5〜10人くらいで す。私が入ったクラスはたまたま11人と多く、イタリア、ブラジル、ドイツ、ベネズエラ、ポルトガル、日本と国際色豊かでした。彼らは授業中よく発言し、ともすると日本人は忘れられそうになりますが、わたしもがんばって参加するよう務めました。宿題も毎日適度に出ました。

授業は終わり昼頃になると毎日仲間とレストランに行きました。クラスが終わった開放感にひたりながら青空の下ワインを飲みながらの昼食は格別でした。日本のランチにあたる フランスの” プラ・デ・ジュール“(plat du jour) を色々楽しみました。そして午後は課外授業。ジャン・ポールという名のおしゃべりなガイドさんが、毎日付いてくれて、徒歩で行く市内観光やニーム、セー ト、アビニヨンなどへのバス旅行へ連れて行ってくれました。彼はリュックの中に縦笛を持っていて、歴史的建物を背景に一人コンサートをしたり、アビニヨンの端の上では伴奏をして私たちを躍らせました。この課外授業は、一人ではなかなか行けないフランスの観光地をツアーのように案内してくれるのでお得だし、何より安心でした。南仏の青い空と澄んだ空気と美しい景色を毎日満喫しました。バスには他にも年齢の様々ないろいろな生徒たちがいて、気楽にミニフランス語会話を楽しむことが出来ました。

sud-reikoo-02
学校では、他にもオプションでお料理教室、映画鑑賞、夜の夕食会などもあり、私は併せてそれらに参加しました。中でも、お料理教室はオススメのコースです。プロのシェフが来て、簡単なフルコースメニューを手際よく教えてくれました。料理が終わり、皆とワインで乾杯し「どれどれ?」と試食していくひとときはは、また特別な時間でした。“おいしそう”とか“いい匂い”に相当するフランス語もキッチンで学びました。不思議とこれらのフレーズは今でも頭の中に入っています。

一日のスケジュールが終わり、日も大分暮れてきた頃わたしま毎日家に戻りました。わたしのホームステイ先は、学校から20分くらい歩いた歴史的建造物の近くにある、大きなアパルトマンに住む中年夫婦のところでした。 2人共温厚で知的で、毎日の夕食時の会話はとても楽しいものでした。
私のフランス語で?と出発前は心配しましたが、驚いたことに辞書を片手に通じ たのでした。彼らはたまたまその2ヵ月後に初めて日本に来る予定もあり色々話が弾みました。年頃も近かったせいかお互い近すぎず、遠すぎない距離で生活す る事が出来たので快適でした。マダムのお料理はとても美味しく、わたしも1回カレーを作り大変喜ばれました。

sud-reikoo-01

今回の留学で一番印象に残った事は、美しいモンペリエの街並みもさることながら、私のようなフランス語でも「通じた」ということでした。今までは訳がわからずただ学校に通っていただけでしたが、学校でも街でもホームステイ先でも何とか一人でコミュニケーションをとることができました。とてもうれしかったです。ちょっぴり自信もつきました。今後も引き続きフランス語の勉強を続け、機会がありましたらまた留学をしたいと思っています。