夏のバカンスシーズン真っ最中、
ポー空港に到着。
ニコニコ笑顔でカロリーヌさんがお出迎え。

車に乗って、ステイ先に。
写真で見てはいましたが、大きな木に囲まれた家は
絵本に出てきそうな素敵な家でした。
(冬の景色の写真を見せてもらったのですが、
冬の景色も素敵でした!)

そしてヒゲがとてもお似合いのJean-lucさんも
笑顔でお出迎え。
とても素敵なご夫婦です。

basque-naokof-3

これから一週間、ご夫婦と生活。
(息子さんもいらっしゃいました。)
ちょっとドキドキしていましたが、

二人の笑顔にほっと一安心。
東京の風景とは全く違う風景。
自分も絵本の中に入ってしまったような気分になりました。

そしてなんと次の日、ステイ先のキッチンの窓の向こうに
野性の鹿が現れ、夫妻と小さな声で大騒ぎ(笑)。

Jean-lucさんと二人でなんとか写真に収めようと
必死になりました(笑)。

今回、私がポーを選んだ理由は、昔テレビで話を聞き、
不思議な場所という「ルルドの泉」が観光先にあったのと、
フランスの他に興味があるスペインに近いということでした。

バスク地方という、フランスとは違う
文化の街の景色も気になりました。
正直言いますと海にはあまり興味がなかったのですが
(紫外線が気になるので、笑)、
ビアリッツの海は本当にキレイでした!
(天気も良かったので)

basque-naokof-1

海の青、空の青が光の当たり具合で濃いめの青、
少し薄い青と様々な青!

そして白い波しぶき。
カラフルでオシャレなビーチパラソル。

フランス映画の中にいる気分になりました。
海岸沿いのレストランでのランチも

とても美味しかったです。
毎日、盛り沢山のスケジュール。

レスカー、ポー城、バイヨンヌでは
歴史を大事にするフランスの文化、
サンセバスチャンではスペインの香り、
(ピンチョスが美味でした!)

ルルドではカトリック教徒の方々の祈り、
マルシェやワインカーブでは
フランスの食を感じることが出来ました。

エマウスの動植物も可愛く、
アンティークな商品も興味深かったです。

そして、私が馬が好きというのを
大塚さんが夫妻に伝えてくれたところ、

なんと人生初の乗馬体験も出来ました!
かなりへっぴり腰の乗馬でしたが(笑)、

大好きなフランスでの初乗馬は
本当に貴重な経験となり、
贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

カロリーヌさんの料理は美味しく、
また、ジュランソンの少し甘めなワインと

フォアグラも最高の組み合わせでした。
個人、団体旅行も楽しいですが、
ホームステイも楽しく、
フランス人の生活に触れるというのは、
本当に貴重な経験になると思います。

basque-naokof-2

何気なく日本で過ごす一週間が、
とても貴重な一週間になり、
大切な思い出になりました。

Jean-lucファミリーと
エコールサンパに感謝します。

Merci beaucoup!