まずは一言。 とても素晴らしく、思い出に強く残る滞在でした。これはエルベ、オレリア夫妻の人柄とご夫妻の配慮に依るものです。加えてご夫妻がずっと 暮らし続けたいとのこの町の雰囲気です。

古い、本当に古い教会、大聖堂が数多くある石畳の通り。そこここにある小さなバン屋、肉屋、そして活気ある朝市など等。 私はカミさんと二人で訪れ、午前中は私は勉強、カミサンは一人で町歩きをし私より詳しく町を知りました。 散歩はもともと好きであり、川に沿って随分歩いたようです。それが出来るのもこの町が極めて安全であると感じた為です。夜、二人で歩いていても不安に思うことが無かったのです。

私の学習にエルベ先生もじっくり、ゆったりと時間を使ってくれました。午後は城や、高原、チーズ農家、ワインカーブを訪れるなど盛りだくさんであり日本人が簡単に行けない場所で素晴らしい思い出を作ってくれました。そうそうこの町は都会より物価が安いなとも感じましたしどの店も観光ズレをしておらず店の人々の感じの良さも印象に残りました。

auv-minoruk-01
カミさんはエルベ先生の手配でプリッジが出来てたいへん喜んでおりました。見ず知らずのフランス人と フランス語も英語もままならないカミさんが本当に喜んだのです。 別の日に朝市でブリッジをした方と会い昔からの友人のように挨拶を交わしそれにも感激しておりました。

エルベ夫妻は本当は日本人かなと思える感性の方たちで彼らの作ってくれた食事も極めて美味しくカミさんは料理を彼らから習いたかったようです。

この滞在に感謝します。

最後に癒してくれた猫の”キムチ”にも有難うと言いたいくらいでした。

auv-minoruk-04