60代半ばにして、うまれてはじめて、
フランス3週間の短期語学留学に行ってきました。
留学先はブルゴーニュ地方のモンバールという
穏やかな小さな町でとても感じのいいところでした。
クローディン先生は、元気溌剌、
ほんとうにエネルギッシュな
女性でとてもお料理が上手です。

わたしの要望に沿うよう配慮していただき
どの料理も野菜中心塩分ひかえめの
あっさりと美味しいものでした。

午前中3時間のレッスンは
今まで受けたことがないような内容もありました。

あるテーマについて先生とディスカッションを
するというものです。
初心者レベルのわたしのフランス語力で
社会問題に関する意見交換など
できるのかと思いましたが簡単なことは
なんとか言えました。

montpellier-mk3

montpellier-mk2

複雑でとてもフランス語で話せないけれど
ぜひ言いたいと思ったことは
日本語で話す許可をもらって話しました。

原発に関する意見などもかわすことができ
ともに原発大国である日本とフランスについて
話せたことはとても有意義でした。

ともかく知っている単語で速く速くしゃべること!
少々間違ってたってかまわない速く速くと
繰り返し先生に言われました。

頭の中で翻訳してはだめ、海の波のように
なめらかに続けてと。
このアドバイスが今回の大きな
収穫だと思っています。
とてもむずかしいことですが。

レッスンがすむと週2,3回午後に観光があって
世界遺産のフォントネー修道院やいくつかの城、
古くて美しい街スミュールなど案内してもらいました。

先生の運転する車の窓から見た一面に広がる
牧場の奥でのんびりと草をはむ白い牛や羊、馬たち。
青空にくっきりと映える美しい形の雲。
今も目に浮かびます。
(例年より雨が多い6月だそうですが
遠出の時は必ず晴れました)

またある日は先生のお友だちの家に
食事に招かれたり、たまたま遠方から
お友だちが来て一緒に3人で食事をしたり
小さいコンサートに行ったり、いくつかの展覧会。
勿論マルシェにも。

週に1日完全フリーの日があって
1人で在来線terで30分のところにある
ディジョンという街に行ってきました。

2週目には先生に「ボーヌというもう少し遠くの街も
行きませんか」とすすめられましたが
ディジョンが「やっと行って帰って来られた」
という感じだったので
もう1度ディジョンに行かせてもらいました。

bourgogne-ey-02

bourg-junkoy-01

今度は落ち着いて美術品の1つ1つまで
じっくり時間をかけて見てまわることができました。

その他の午後の自由時間はその日のレッスンの
復習もしなくてはいけませんでしたが
映画館に行ったり、お店を覗いたり、
運河に沿って町のすみずみまで散歩しました。

動物好きのわたしには
すぐ近くのビュフォン美術館は
とても面白かったです。

モンバールでの日常生活を通し
人々の暮らしや日本との文化の違いを
身をもって知ることができたこの3週間は
人生の中で忘れられない大切な想い出となりました。

最後になりましたが
親身になってお世話くださった
エコールサンパの大塚さんに
深く感謝いたします。

実は着いた日に国鉄のストがまだ続いていて
シャルルドゴール空港から
わたしの乗る夕方1日1本だけ運行する
モンバール行きTGVは動きませんでした。

次の日も動かないと駅員に言われました。
一瞬途方に暮れたのですが
大塚さんから聞いたことを思いだし
空港内のホテルに部屋をとり
クローディン先生の指示をあおぎながら
なんとか次の日別の交通手段で
モンバールに着くことができました。

大塚さんのカウンセリングでの
『万が一の対処法』をよく聞いておいて
よかったと思いました。

ありがとうございました。

loire-mitsuyos-03