きっかけは、長年勤めていた職場を辞めたこと。
次の仕事を始める前に、今まで仕事を理由に
諦めていたことをやろう!とひそかに決意をしました。
そこでまず思いついたのが「フランス留学」。
学生時代、外国に全く興味のなかった私にとって、
留学は「大人になってから抱いてしまった夢」。

まさに、「仕事を理由に諦めていたこと」でした。
とはいえ、今から大学に通うのも色々とハードなことが
多そうだし、どちらかというと、フランスで生活をしてみたい、
のほうがイメージに合うなと考えました。

auvergne-keikoh-01

auvergne-keikoh-14

そこで、サンパの留学担当の大塚さんに相談して
みたところ、「ぴったりのプランがあります!」と
紹介してくださったのが、フランス人講師のお宅で
ホームステイとフランス語のプライベートレッスンが
できるというもの。

ホームステイは初めての経験で正直不安も
あったのですが、初めてだからこそ、事前の
カウンセリングでこちらの要望を丁寧に聞いてくださり
さらに、これは素敵なハプニングだったのですが
MOFパティシエのお菓子レッスンにも参加できるよう
手配してくださいました。フランスの「味覚の一週間」
にも興味があるとお伝えすると、こちらも色々と
調べてくださり、本当にありがたかったです。

auvergne-keikoh-10

サンパの留学プランは1週間から参加できるので、
お仕事をされている方でもお休みを活用して参加しやすいと思います。

今回、私は自由に使える時間があったので
かなり欲張って、オーベルニュでの1週間の
留学の他、パリとリヨンにも滞在し、
半月にわたるフランス生活を堪能しました。

それぞれで忘れられない思い出が
できましたが、やはり留学体験は特別です。

充実の語学レッスン(18時間!エルベ先生、
根気よく教えてくださりありがとうございました)
の他にも、近隣の観光名所やチーズ工房の見学に
連れて行ってもらったり、先生の奥さまのオレリアに
料理を教わったり(オレリアのお料理は本当においしく、
身体にもやさしいのです)、前述のお菓子レッスンに
参加したり、マルシェで買い物をしたりと、本当に盛りだくさん!

早寝早起きをして、おいしいものを食べて、よく歩いて、
頭も使って、すっかり健康になった1週間でした。

  • auvergne-keikoh-08

auvergne-keikoh-05

基本的な一日の流れとしては、8時に朝食、
9時から12時までレッスン、12時半から昼食、
午後は観光やミニレッスンなど。

オレリアに料理を教わるときには、
夕方6時ごろにキッチンへ。
夕食は8時ごろから。
食事のあとは自由時間ですが、
日付の変わる前にはもう寝ていました。

とても規則正しい生活ですが、
あらかじめスケジュール表があるわけではなく、
天候や訪問先の都合で予定が変わることもあります。

レッスン終了時や食後などの解散時に
次の予定を口頭で伝えられるので、
時間の聞き取りにはかなり強くなりました。

auvergne-keikoh-11

auvergne-keikoh-13

最終日の夜には、素敵なレストランで夕食を
いただきました。

最後の夜、ということがとてもさみしく、
また、ここにきてようやく、たくさん言葉が
でてきたのをよく覚えています。

このような素晴らしい機会を
用意してくださった皆さまと、
快く送り出してくれた家族に
心から感謝するとともに、
できればまた行きたいなと
こっそり計画を練っているところです。

auvergne-keikoh-15