留学のお客様で、ライフスタイルに、短期の留学を組み込んでいらっしゃる方が何人もおられます。
Keiさんもその一人です。

世界の女性の、性と生殖に関する健康と権利の実現に向けて活動する団体で仕事をされていて
海外で活動をすることが多いKeiさん。

初回の留学をお世話させていただたいた頃は、アジアの国でお仕事をされていたのですが、
昨年の留学の際には、アフリカのガボンとブルキナファソで仕事をすることになったこと、
メインで使う言語は英語だけれど、現地の人とできるだけフランス語でもコミュニケーションできたら、
その為にも留学でフランス語をさらにブラッシュアップしたいと話してくださいました。

昨年の2回目のの留学の体験記を留学サイトにアップしました。
こちらからどうぞ

Keiさんの初回の体験記はこちらからご覧いただけます。

フランスとフランス語を通じて、世界を広げていくお客さまのお話は、
それぞれのドラマがあり、その方の想いがあり、毎回胸が熱くなります。

フランスへの渡航が可能になったら、今年も留学をお考えのKeiさん。
他にも同じように渡航を待っていらっしゃるお客さまがいらっしゃいます。

安全に渡航できる日が来ることを祈りつつ、これからもオンラインセミナーで、
フランスの現状や渡航についての情報をお伝えしていきます。