「そろそろ留学してみたいね」

きっかけは暮らす仲間との何気ない会話からでした。

留学してみたいけれど、一人で行くのは何かと不安。
ならば同じクラス4人で行くのはどうだろう?

そこで留学担当の大塚さんに相談したところ、ジット(バカンスハウス)を借りて、エルベ夫妻と私たち4人で宿泊しながらレッスンを受けることができるという素晴らしい提案をしていただきました。
ジットは一人部屋、各部屋にトイレ・シャワー付き、そのうえ奥様のオレリアのおいしいお食事付です。
この夢のような提案に、事は動き始めました。

1年前から準備を始め、紆余曲折を経て、結局3人で旅立つことになりました。

auvergne-gite-07

auvergne-gite-09

 

9月6日
泊まっていたリヨンの市内のホテルに、エルベ夫妻が迎えに来て下さるまで、2つの博物館とゆっくり見てまわりました。
初対面のエルベ夫妻でしたが、とても気さくな方達で、私達の緊張も少しずつほぐれていきました。
途中、ペルージュという石造りの中世の村に立ち寄り、初めて見る美しい村に感動しました。
19:00頃、ル・ピュイアンブレイのジット(バカンスハウス)に到着しました。予想以上の素敵なジットにまたまた感動し、各自好きな部屋を選んで、夕食を取り、明日からのレッスンに備え早めに就寝しました。

9月7日
8:00にパンとエルベお手製のジャム、はちみつ、カフェオレ、4~5種類のチーズで朝食をとりました。9:00~12:00 レッスンが始まりました。エルベ先生がとてもわかりやすく説明して下さるので3時間(途中コーヒーブレーク有)。ちょっと長いかなと思っていたレッスン時間もあっという間に過ぎていきました。
12:10~13:10 オレリアが作ってくださった美味しい手料理で、楽しい昼食となりました。
14:00~18:00 エルベの案内でル・ピュイアンブレイを観光しましたが、この地方だけの黒いマリア像、巨岩の上にそびえ立つカテドラルなど、大変興味深いものでした。ジットに戻り、オレリアの美味しい手料理でゆっくり夕食をとりました。
たくさん歩いたせいか、ゆっくりと休むことができました。

auvergne-gite-01

auvergne-gite-12

9月8日
昨日と同じメニューの朝食をとった後、レッスンをして、お昼はまたオレリアお手製の美味しい料理でした。とてもソースが凝ったポークの煮込みに3人とも感動し、レシピを教えてもらいました。
午後からはラ・シェーズ・デューに行きましたが、少し不気味な壁画があるカテドラルありました。
次に、ル・シャトー・ダリグルでは、門しか残っていないお城があり、とてもかわいらしい村でした。夕食もフランスならではのセップとジロールというキノコを使った美味しい料理でした。

9月9日
この日は、レッスンはなしで、1日を使ってクレルモン・フェランへ観光に行きました。ジットからは片道、車で2時間くらいの小旅行です。わりと大きな街でしたが、素敵な所でした。
お昼には雰囲気のあるレストランでオーベルニュ名物のガレットをいただきました。
19:00頃ジットに戻り、ル・ピュイアンブレイ特産のレンズ豆を使ったソーセージの煮込みを頂きました。

auvergne-gite-05

9月10日
この日はレッスン、美味しい昼食の後、ポリニヤック城へ行きました。
フランス革命の時、ベルサイユ宮殿から逃げるマリー・アントワネットがポリニヤック夫人に宛て書いた直筆の手紙があってとても驚きました。

その後、エルベ夫妻が購入した世界遺産の真下にある新しい家と現在住んでいる家を見せていただきました。ネコのキムチが出迎えてくれました。

auvergne-gite-04

auvergne-gite-11

9月11日
この日は朝食後、バカンスハウスの隣にあるヤギのチーズを作っている農家に見学に行きました。
かわいらしいヤギ達がちゃんと規則正しく搾乳されていてとても驚きました。
レッスン、昼食後、私たち3人だけでル・ピュイアンブレイの市内を散策し、いろいろ買い物をしました。19:00にエルベ夫妻と3日前に予約して下さったレストランで合流しました。
メニューには載っていない子羊の煮込みをいただきました。とてもおいしかったのですが、5人でも食べきれず少し残してしまったのでシェフに申し訳ないと思いました。

9月12日
いよいよエルベ夫妻とお別れする日がやってきました。
8:00にジットを出発し、ル・ピュイアンブレイのマルシェに行きました。
どれもおいしそうで、迷いながらパンとフルーツを飼ってエルベの家でブランチとしていただきました。10:30頃エルベ宅を出発し、途中有名パティシエのお店に寄り、リヨンまで送って頂きました。朝、エルベとオレリアには別れと感謝の気持ちを込めて、挨拶を済ませてありましたが、リヨン駅で別れる際、少し寂しさを感じました。その後3人でTGVに乗り、アビニヨンへ向かいました。
あまり時間はありませんでしたが、精力的に観光をしました。

auvergne-gite-13

auvergne-gite-02

1年前から計画していた旅が無事に終わり、ほっとすると同時に、すぐにまた行きたいと思えるほど充実して楽しい旅でした。

天候にも恵まれ、何よりエルベ夫妻の心のこもった“おもてなし”とわかりやすいレッスン、それにレッスン以外の生きた会話が本当に心に残りました。
今回の旅に関しては色々な方からアドバイスを頂き、より一層楽し旅になったと思います。
また、一緒に旅したクラス仲間がいてくれたからこそ、より充実した旅になったと思います。
とても感謝しています。