社会人になってから始めたフランス語。
最初の教科書に載っていた、湿原を疾走する白い馬の群れの写真に
目が釘付けになりました。

場所の名前はCamargue (カマルグ)。
アルルと地中海に挟まれた広大な湿地帯です。

野生の白馬や闘牛の黒い牛、ピンクフラミンゴが生息していて、
自然の楽園と言われています。
それ以来、いつか行きたいと思っていました。

11月日の記事で紹介した、フランスの最高コーヒースポットとして、
デザイナーのVanessa Brunoが紹介していた海辺もカマルグにあります。

その際、生き方や人生について書かれた文章やビデオを取り上げての
オンラインセミナーのアイデアを温めているととお伝えしましたが、
来年の1月に開催することにしました。

タイトルは「人生を語る時のフランス語」

Vanessa Brunoが書いた、彼女にとって最高のコーヒースポットについての文章を
色々な角度から味わう時間にしたいと思います。

文章の意味を味わい、
フランス語の響きを味わい、
文章に出てくる場所を感じていただく。

そして、私の視点になりますが、覚えておくといいと思われる、
表現、単語、動詞なども取り上げて説明したいと思っています。

TF1のお昼のニュースを見ていたら、ちょうどカマルグが紹介されていたので、
そのビデオをシェアさせていただきますね。

https://www.tf1.fr/amp/tf1/jt-13h/videos/un-grand-bol-dair-pur-en-camargue-93075363.html

デザイナーのVanessa Brunoがどんな雰囲気の人か、
よかったら下記のビデオを見てください。
彼女が自分自身のクリエーションについて語っているビデオもです。

https://www.youtube.com/watch?v=F1xKDq-3P7Y

ずっと行きたいと思っていたカマルグ、
念願がかなったのは、8年前のことです。

その時に五感で感じたことも、セミナーでお伝えしたいと思っています。

カマルグの白馬は海の泡から生まれた、と伝えられているそうですが、
それが信じられるような風景でした。