2月の「パリの隠れた魅力」のオンラインセミナーでは、
Montorgueil周辺を紹介しましたが、その中で、パリで最古のパティスリーのお店
Pâtisserie Stohrer も取り上げました。

1730年(!)から続いているお店です。
当時、ルイ15世のお抱えパティシェだったNicolas Stohrerが始めたお店で、
ババオラムを発案したのは、Nicolas Stohrerで、このお店で一番の人気です。

翌週のTF1のお昼のニュースで、偶然、Stohrerのお店が紹介されていました。
お店の内装は、歴史的建造物に指定されているのですが、
その様子やお店で働くパティシエさんが、ババオラムを作る様子が紹介されています。

下記のリンクからビデオをご覧いただけますよ。

https://www.lci.fr/regions/video-classiques-de-la-patisserie-les-secrets-du-baba-au-rhum-2180894.html

次回の「パリの隠れた魅力」無料オンラインセミナーは、
3月26日(金)
19:00~20:30に開催されます。