毎年恒例となってきた、トゥールの学校の校長
ヤニックを迎えて、留学説明会&懇親会を開催しました。
今回は、ヤニックに加えて、トゥールのフラワーアレンジメントの校長夫妻も来てくださいました。

ヤニックとは、留学を担当して以来のおつきあいで、
10年以上になります。
彼の学校は、アットホームでサイズなので、
先生と留学生産の距離が近く、エコールサンパに
雰囲気が似ていると思います。
また、ヤニックの奥さんが日本人なので、
困ったときは通訳をお願いすることもできます。

毎回そうなのですが、「ヤニックに会いたい!」と
留学された方も参加してくださいました。
また、2回以上の留学をされる方も多いことからも、
皆さんが現地で素晴らしく、充実した時間を
過ごされたことがわかります。

昨年度から、ヤニック達と、フランス語のレッスンとフラワーアレンジメントのレッスン、そしてお花をテーマとした観光もできる1週間のプログラムを準備していました。
(2週間のプログラムも作ることになりました)

フラワーアレンジメントの校長夫妻、ジャン・ミッシェルとセリーヌは、フラワーデザイナーでもあり、彼らからレッスンを受けられます。

そんなニュースをお伝えしたり、トゥールの学校を紹介した後は、懇親会!
ヤニック達とも、参加者の方同士でも、話が盛り上がります。

最後の挨拶でヤニックが「数ある留学エージェントの中で、実際に現地に何度も来て、授業を見たり、学校のスタッフと交流をしているは、みなこだけです。彼女の仕事に対する姿勢と長年築いてきた信頼関係と共に、一緒に仕事ができるのは、とてもうれしい。」と話してくれました。

私自身も、誠実で責任感があり、いつもユーモアに溢れるヤニックと作り上げていくフランス滞在は、留学コーディネーターの仕事の醍醐味を感じます。