Aya O

私はこの留学のために約1年かけて
美奈子さんと一緒に準備をしてきました。

準備の時間が長かった分、フランスに対する
期待もとても大きくて、期待しすぎて
がっかりすることがあったらどうしよう
と思ったほどです。

しかしル・ピュイ・アンブレイの街に
着くと、そんな思いはすぐに消えてしまいました。

迎えてくれたHervéとAuléliaは、
とにかく穏やかで優しく、なりよりお料理上手!!

2人ともプロ並みの腕前で、
毎日の食事が1番の楽しみでした。

フランスに来て1番強く思ったことは
食がとても豊かだということ。

見たことのない食材や料理ばかりで
日々の食卓が常に刺激的でした。
食後に何種類ものチーズが載った
プレートが出てきた時には
“フランスに来たんだなぁ!”と感じました。

フランス語も1年足らずでHervéやAuréliaと
上手くコミュニケーションがとれるか心配でしたが、
拙いフランス語でもなんとか伝えようと思って話すと
温かく一心に耳を傾けてくれてとても救われました。

日曜日のマルシェではたくさんの新鮮な野菜や
果物、チーズなどが売られ、お店の方との会話を
楽しみながら購入しました。

天気が良い日にはお庭で昼食を食べよう!と
提案してくれたり、そんな何気ないフランスの
暮らしに強く心惹かれました。

ル・ピュイ・アンブレイの街は本当に
魅力的です。
決して華やかではないけれど美しくて
愛おしい素敵な場所です。

行ってみればきっとわかるはず。
日本に戻ってきてから毎日、
ル・ピュイの事を想わない日は
ありません。
本当に楽しい思い出ばかりで、
帰るのが惜しいほど充実した日々を
過ごすことができました。

ル・ピュイへの留学は単なる語学留学
ではありません。
語学の上達のみならず、フランスの文化を
全身で感じて、人の温かさに触れて、
街の美しさに感動して…。

たった2週間で得たものの多さに驚きます。

1人で乗る飛行機、ベルギーでの乗り継ぎ、
言葉の壁、様々な不安要素があったにも関わらず、
何もかも楽しむことができたのは、
万全の準備をさせてくれた美奈子さんと
常に温かく受け入れてくれたHervéとAurélia
のおかげです。

一生忘れることのない宝物のような
思い出ができたことは、
これからの人生できっと糧に
なるだろうと予感しています。

このような機会に恵まれた事や
素敵な出会い、全てに感謝します。

By | 2017-04-19T06:00:34+00:00 4月 19th, 2017|Categories: Gabarit, taikenki|0 Comments

About the Author:

Minako Otsuka